テンワザ

お悩み解決! 飲食店経営者・店長のための店舗経営のスゴ技(ワザ)

HOME > >

お役立ち情報ノンアルコールドリンクに商機を見出す!

2021年06月04日

ノンアルコールドリンクに商機を見出す!

ノンアルコールドリンクに商機を見出す!

ストロングゼロ文学という言葉をご存知でしょうか。

2017年頃よりTwitterでは、名作文学に「ハッシュタグストロングゼロ」を登場させるツイートが「#ストロングゼロ文学」として流行し(インターネット・ミームの一種)、NHK「ニュースウォッチ9」にも取り上げられた
(Wikipediaよりhttp://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=3794002

ストロングゼロのアルコール度数の強さを面白おかしく表現したものです。

アルコール飲料市場では2017年~2020年にかけて、高アルコールの飲料が多く発売されました。
「コスパが良く、早く酔える」とブームにもなりました。

ところが、このコロナウイルス禍において、緊急事態宣言発令地域では酒類の提供が禁止されたり、長引くリモートワークで自宅での深酒が増えたり、飲酒に対する考え方が変わりつつあります。
(参考調査:株式会社カクヤス調査によると、テレワークをきっかけに飲酒量が増えたと答えた方は40%でした。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000022125.html

実際に飲料メーカーでは、低アルコール、微アルコールの商品が多数発売されています。「スロードリンク」「ドリンク・スマート」といったキーワードで適正な飲酒を啓発しているようです。(今まで、高アルコールの商品を販売しておいて、一体何なんだ…という気もしないでもないですが。)

最近では、「アサヒ ビアリー(0.5%の低アルコールビール)」、「オリオンビール ハードセルツァー(アルコール2% 低カロリー)」など、低アルコール飲料はリモートワーク下において今後も伸びていくと考えられます。

飲食店においても、このブームに乗るしかありません。

ノンアルコールメニューが少ないのであれば、新メニューを追加しましょう。
多くの飲食店では、アルコールメニューと比較して、ノンアルコールメニューは種類が少ないのが一般的です。
例えば、ノンアルコールカクテルメニューを拡充すれば、通常のノンアルコールドリンクよりも単価を高く設定することができ、利益率も高い商品となります。
単にソフトドリンクを混ぜ合わせただけのものではなく、フルーツを添えたり、シャーベット化したり、あえてシェイカーを使ったりと、映えるドリンクにすることで、お酒の飲めないお客様からもドリンクオーダーが取りやすくなります。

日経クロストレンドの調査によると、飲めない人はノンアルビールを飲まないことや、居酒屋のノンアルメニューに満足していないことが明らかになっています。
参考:激変! ノンアル市場 最前線(記事を最後まで読むには有料会員登録が必要です):https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00459/?i_cid=nbpnxr_parent

飲食店に限らず、これまでの常識に囚われず、新しいやり方で売上を確保する取り組みが求められています。これを機に是非一度自社のメニュー構成を改めて分析し、見直してみてはいかがでしょうか。

この記事の筆者

シニアコンサルタント山本 崚平
数店舗のレストランから、全国展開の飲食チェーン店の人事制度設計および運用支援や店長や店長候補者に対する教育研修などの支援を実施している。 経営理念・方針の実現と業績向上をモットーとし、飲食店の抱える業界特性や社員特性などを踏まえたシンプルな人事制度やすぐに現場で使える分かりやすい研修の実施に定評がある。

関連するお役立ち情報