テンワザ

お悩み解決! 飲食店経営者・店長のための店舗経営のスゴ技(ワザ)

HOME > >

お役立ち情報Googleマップでテイクアウト情報を伝える

2020年11月30日

Googleマップでテイクアウト情報を伝える

Googleマップでテイクアウト情報を伝える

新型コロナウイルスの影響により、テイクアウトや出前(デリバリー)のサービスを開始した店舗も多くみられます。
Googleマップでは、ニーズを受けて2020年4月よりGoogleマップでは、テイクアウト・デリバリーサービスを行っている店舗が表示されるようになりました。

本記事では、新たにテイクアウト・デリバリーを始めた店舗に向けて、Googleマップに店舗情報を追加する方法をご紹介します。

Googleマイビジネスへの登録

Googleマップに店舗情報を表示するには、まずGoogleマイビジネスへ登録する必要があります。

すでに登録済みの方の多いと思いますので、詳しい登録方法は割愛させていただきますが、Googleマイビジネスの管理画面にログインすると、テイクアウト・デリバリーの情報を追加する項目が増えていますのでそちらにチェックをいれるだけで設定は完了です。

  1. Googleマイビジネス管理画面へログイン
  2. 左メニューの「情報」をクリック
  3. 「お支払い」から「食事」のオプション項目に「テイクアウト」「宅配」等の該当項目にチェック
  4. 「適用」をクリックして反映

スマホ版アプリでは絞り込みができる

Googleマイビジネスに登録した情報はスマホ版のGoogleマップではテイクアウトなどの情報で絞り込みができるようになり、スマホユーザーはテイクアウトできる店舗がすぐにわかるようになりました。

WEBを活用してテイクアウト・デリバリーを成功させるためには、認知度を向上させることが必須となります。
自粛ムードの中、テイクアウト需要は継続していくことが予想されますので、まだ登録していない店舗はぜひ登録してみてください。

この記事の筆者

森川 洋之
コンサルタント森川 洋之
これまでデザイン事務所やウェブ制作会社にて、多くの飲食店・小売店の販促支援、およびウェブサイト構築・運用支援に従事。 その後独立し、IT・Web・デザイン面からのアプローチで顧客企業の業績向上に貢献。経営者としての経験を積んでコンサルタントに転身した現在も、高いデザイン力やWeb戦略力は、顧客からの支持が厚い。

関連するお役立ち情報