テンワザ

お悩み解決! 飲食店経営者・店長のための店舗経営のスゴ技(ワザ)

HOME > >

お役立ち情報飲食店がGo To Eatキャンペーンを最大限に活用するためには?①

2020年10月16日

飲食店がGo To Eatキャンペーンを最大限に活用するためには?①

飲食店がGo To Eatキャンペーンを最大限に活用するためには?①

Go To Eatキャンペーンの仕組み

「Go To Eatキャンペーン」とは?

新型コロナウイルスの感染拡大により打撃を受けている飲食業を支援するため、「Go To キャンペーン」の一環として、10月1日から「Go To Eatキャンペーン」がスタートしました。

「Go To Eatキャンペーン」とは、ポイント還元やプレミアム付き食事券の発行を支援することで、感染予防対策に取り組む飲食店の需要を喚起し、同時に食材を供給する農林漁業者を支援するキャンペーンです。

「Go To Eatキャンペーン」の主な支援内容は、以下の2点です。

①食事券の付与
⇒都道府県内の登録店舗で使えるプレミアム食事券の付与(購入額の25%を上乗せ)

②ポイントの付与
⇒特定のオンライン予約サイトで予約・来店したお客様へ、次回以降に使えるポイントの付与
※1回の予約あたり最大10人分まで付与
※1人あたり昼食で最大500円分のポイントを付与
※夕食で最大1,000円分のポイントを付与


(出典:農林水産省「Go To Eatキャンペーン事業」について)
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html

 

「Go To Eatキャンペーン」に加盟するための前提条件とは?

キャンペーンに加盟するためには、以下2点の条件を満たすことが必要です。

①日本標準産業分類「76 飲食店」に該当している(一部、例外あり)
⇒食堂・レストラン・専門料理店・そば店・うどん店・ラーメン店・寿司店・酒場・ビヤホール・喫茶店・オーセンティックバーなど

⇒但し、店内飲食をメインとしない店舗(デリバリー専門店・持ち帰り専門店・移動販売・カラオケボックス)および接待や遊興などを伴う店舗
(キャバクラ・ショーパブ・ガールズバー・ホストクラブ・スナックや料亭などの接待を伴うもの)は対象外


(出典:農林水産省「Go To Eatキャンペーン事業」について)
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html

②新しい生活様式に従った店舗運営を行っている
⇒以下のような内容を遵守することが求められている

  • 店舗入り口や手洗い場所には、手指消毒用に消毒液を用意する。
  • 店内には適切な換気設備を設置し、徹底した換気を行う
    (窓・ドアの定期的な開放、常時換気扇の使用等)
  • お客様同士の間隔が空くようにテーブル・座席を配置する(最低1m以上)
  • テーブル間をパーティション(アクリル板又はそれに準ずるもの)で区切る
  • カウンター席は、他グループのお客様同士が密着しないようスペースを空ける
  • 一つのテーブルで他グループと相席する場合には、真正面の配置を避けるか、テーブル上をパーティションで区切る。


(出典:農林水産省「Go To Eatキャンペーン事業」について)
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html

また、上記とは別に、各都道府県が独自で設定している条件もあります。
※参考URL→
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/attach/kansenshoutaisaku.pdf

 

「Go To Eatキャンペーン」に加盟するための方法とは?

キャンペーンに加盟するためには、①プレミアム食事券の付与②オンライン飲食予約の利用によるポイント付与のそれぞれに登録申請が必要です。

①プレミアム食事券の利用可能店舗になるための方法
⇒各店舗でお客様がプレミアム食事券を利用して飲食サービスを受けるためには、登録を希望される店舗毎に事前に取扱店舗登録が必要です。

⑴各都道府県のキャンペーン事務局に加盟店登録を申請する
※参考URL→https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/attach/shokujiken.pdf

⑵事務局にて審査の上、登録が完了する


(出典:Go To Eatキャンペーン くまもと)
https://gotoeat-kumamoto.jp/

②オンライン飲食予約の利用可能店舗になるための方法
 ⇒13社のオンライン予約サイトのいずれかに登録する
※予約事業者によって送客手数料・入金タイミングなどが異なります
参考URL→https://gotoeat.maff.go.jp/business_person/

次回は、「Go To Eatキャンペーン」を活用するための具体的なポイントについてお伝えします。

※本記事は2020年10月8日時点のものです。
最新情報は農林水産省の発表や公式サイトでご確認ください。
ご不明点などの確認は、下記キャンペーン専用のコールセンターをご利用ください。

 

<Go To Eatキャンペーンコールセンター>
電話番号:0570-029-200
受付時間:10:00〜17:00 ※12/29〜1/3除く

この記事の筆者

大園 羅文
コンサルタント大園 羅文
「中小企業の経営を支えたい」という志を持って新経営サービスに入社。 「社員が躍動する組織づくり」をモットーに、そして、顧客企業の理想をカタチにするべく、1社1社に深く入り込みながら支援するコンサルティングは顧客企業からの信頼も厚い。

関連するお役立ち情報