テンワザ

お悩み解決! 飲食店経営者・店長のための店舗経営のスゴ技(ワザ)

HOME > >

お役立ち情報飲食店がよく分からない“DX”を使って解決できることって何?

2021年08月27日

飲食店がよく分からない“DX”を使って解決できることって何?

飲食店がよく分からない“DX”を使って解決できることって何?

飲食店とデジタルトランスフォーメーション

「ホットペッパーグルメ外食総研」(https://www.hotpepper.jp/ggs/)では、全国の飲食店経営者を対象として、DXに関するアンケート調査が実施されていました。

DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略で、経済産業省では
“企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。”
と定義されていますが、ざっくり簡単に言うと、データとIT技術を活用して、既存ないしは新規事業に良い影響を与えていきましょう。という認識で問題は無いかなと思います。

アンケート調査の詳細は下記のURLからご確認ください。
https://www.hotpepper.jp/ggs/research/article/column/20210708

この結果の中で私が驚いたのは、“デジタルツールで解決したいと考えている経営課題”の回答結果です。
この回答では、“解決したい経営課題がない”と答えた方が、なんと57.9%と最多の回答結果でした。

政府もDX(デジタルトランスフォーメーション)投資促進税制の創設(https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2021/pdf/zeisei.pdf)をしたり、報道などでもDXの文字を見ない日は無かったりと、デジタル化の波はすぐそこまで来ているにも関わらず、飲食店はその波にうまく乗れていないように思います。

デジタル化でできること

そこで、詳細な技術、原理などは省きDXに取り組めばこんなことができる!ということを箇条書きでご紹介していきます。ただし、書くは易し行うは難しで、相応のコスト(時間・お金)がかかります。

【省人化ができる!】

  • AIで過去の来店客数データを学習させることで、適正なシフトを組むことができ、人件費の削減ができる
  • 無人レジ、無人オーダーシステムを導入することで、ホール人員を省人化できる。大規模店の場合は、配膳ロボット(例:焼肉きんぐ、がんこフードサービス)を導入すればさらなる省人化も可能に。

【利益率向上ができる!】

  • AIに気温、季節、オーダー種類などを学習させることで、翌日のオーダー傾向が予測できる。それによって、受発注の効率化と食材ロスを減らすことができ、利益率が向上する
  • 予約システムを導入し、自動で前日の確認メールを送信し、予約の無断キャンセルを防止でき、食材ロスの防止につながる。

DXに怖がらずに飛び込んでみよう

いかがでしたでしょうか。やや、良い面だけをお伝えしたような形になってしまいましたが、AIやDXは大手飲食店だけの話だけではなく、1店舗経営の飲食店であっても身近になってきています。システムによってはIT導入補助金を活用することで、導入費用なども抑えることが可能です。

筆者自身は、AIPA認定AI・IoTシニアコンサルタントとして、中小企業様にAIやIoT導入の水先案内人として様々な企業で支援を行っています。

DXやデジタル化に興味がある!だけどよく分からない、何から進めていいか分からない場合はぜひ一度ご相談ください。
何が分からないか分からないところから、一緒に形にしてきましょう!

この記事の筆者

シニアコンサルタント山本 崚平
数店舗のレストランから、全国展開の飲食チェーン店の人事制度設計および運用支援や店長や店長候補者に対する教育研修などの支援を実施している。 経営理念・方針の実現と業績向上をモットーとし、飲食店の抱える業界特性や社員特性などを踏まえたシンプルな人事制度やすぐに現場で使える分かりやすい研修の実施に定評がある。

関連するお役立ち情報