テンワザ

お悩み解決! 飲食店経営者・店長のための店舗経営のスゴ技(ワザ)

HOME > >

お役立ち情報緊急時の店舗予算について考える①(売上予算編)

2021年01月08日

緊急時の店舗予算について考える①(売上予算編)

緊急時の店舗予算について考える①(売上予算編)

昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今後の業績見通しをどう考えるべきか悩まれている方へ、このような緊急時の店舗予算の1つの考え方をお伝えします。
まずは緊急時の売上高上限値を予測しましょう。

(売上高上限値の予測例)
予測条件:
新型ウイルス感染拡大の影響により、以下のことが予測される
① 蜜を防ぐために席数を5席減らす措置を取らざるを得ない
② 3人以上のグループでの来客は大きく減り、満席率が低下する
③ 時短要請により、営業時間が3時間短くなり回転数が落ちる
④ 店舗滞在時間の減少により客単価が低下する

以上の条件を踏まえ、売上の限界値を予測すると以下のようになります。
表の左側が平時(平常時の過去同月値)で、右側が緊急時です。緊急時には、客数・単価ともに大きく減る予測となっています。

このように、緊急時には「どの項目」に「どのような影響」が及ぶか、分解して考えることをお勧めします。
ただ売上が減るだろうと漠然と捉えるよりは、予測正確さが増すはずですし、売り上げ減少への対策を考える糸口になります。

売上高上限値を予測し、その上で予算を考えることをお勧めします。

次回は『緊急時の店舗予算について考える②(利益予算編)』をお送りします。

この記事の筆者

北島 大輔
コンサルタント北島 大輔
銀行にて、法人融資担当を経験し、新経営サービスに入社。 現在は、数店舗~数十店舗規模の飲食企業様へ、経営計画策定&達成支援、計数管理を中心とした店長教育など、経営課題解決に向けた支援を実施している。 顧客関係者一人一人と向き合い、組織に深く入り込むスタンスの支援を強みとしている。

関連するお役立ち情報