飲食店の「人」に関する困りごと解決応援サイト

飲食店の「人」に関する困りごと解決応援サイト

  • 無料相談フォーム
  • 飲食店応援コラム
  • セミナー情報
  • コンサルティング日記

ホーム > セミナー情報&飲食店応援コラム > 飲食店応援コラム > 外国人労働者の新たな活用方法

飲食店応援コラム

Column

外国人労働者の新たな活用方法

少子高齢化が進み、日本では人材不足が大きな問題となっており、人不足による倒産も相次ぐほどの事態となっています。

 

そういった背景を受け、20194月に「入管法改正」が施行されました。新しく追加された在留資格“特定技能”とは、日本国内で人材不足が顕著な業種の労働力を確保するための在留資格です。“特定技能”の大きな特徴の一つは、これまで留学生アルバイト等にしか任せられなかった、“単純労働”を含む様々な業務に就かせられることです。

 

新在留資格「特定技能」の追加で、外国人労働力に注目が集まるものの、国や各所管庁の整備が追い付かず、現時点では、「使い勝手の良い制度とは言えない」と、多くの企業が様子見といった状況です。

 

しかし、一部では既に外国人労働者の囲い込み競争が始まっています。外国人労働者の囲い込みとは、いったいどのような取組か?「今」打つべき手は何か?

詳しくは小冊子にて解説しています。

 そのほかにも

・特定技能とは?

・現時点での特定技能の運用状況は?

・外国人を採用するには?

・外国人採用で注意すべきこととは?

といった疑問にもお答えしています。

図2

 

無料小冊子のお申込みはこちらから↓↓↓

資料名(必須)
貴社名(必須)
お名前(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報保護方針(必須)

  • 無料相談フォーム
  • 飲食店応援コラム
  • セミナー情報
  • コンサルティング日記